1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険の必要派か不要派か、あなたはどっち?

学資保険の必要派か不要派か、あなたはどっち?

このページの目次

学資保険は必要か不要か

学資保険の目的

「学資保険は本当に必要なのだろうか」
「子供できたらみんな学資保険入ってるから自分も加入した方が良いのだろうか」

と思っていませんか?

学資保険は、子供の将来の教育資金を準備するための保険です。しかし、学資保険はただ単純に教育資金を貯めるだけではありません。

契約者である親が亡くなってしまった場合には、以後の保険料の払い込みが免除されて、子供は予定通り教育資金を受け取れる保障機能もあります。そのため、安心して教育資金を確保することが可能です。

しかし学資保険は、全員必要というわけではなく、不要な人も存在します。

そこで今回は、学資保険の特徴を解説した上で、どのような方にとって必要で、どんな方には不要なのかをまとめました。

この記事を読んでいただくことで、自分にとって学資保険が必要かどうか判断できるようになるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

学資保険のメリット・デメリット

学資保険には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

学資保険
メリット ・学資金を計画的に準備することができる
・貯蓄性が高い
・契約者がいなくなった場合の保障がある
・生命保険料控除で税金が減らせる
・子供の医療保険も加入できる
デメリット ・保険料がかかる
・換金性が低い
・インフレに弱い
・途中解約すると元本割れの可能性がある

学資保険のメリット

学資保険のメリットは、効率よく教育資金を準備できる仕組みにあります。

学資を計画的・半強制的に準備できる

学資保険に加入すると、毎月一定の保険料が口座から引かれて半強制的に貯蓄できるため、銀行口座の中にお金がなくならない限り、お金を積み立てていけます。

貯金が苦手な方にとってもこの仕組みがあれば、計画的にお金を貯められますね。

貯蓄性が高い

学資保険は支払った保険料よりも多くの保険金を受け取れるので、貯蓄性が高いです。

現在の利率は、銀行の定期預金でも0.01%ほどで、預けていてもほとんど増えないので、預金よりも効率的にお金を貯めることが可能です。

契約者がなくなった場合の保障がある

契約者(親)が亡くなった場合は、以後の保険料の払い込みが免除されて、保険金は予定通り受け取ることが可能です。

親が万一の場合でも保険金を受け取ることができる保障機能は、他の貯蓄手段にはない学資保険独自のメリットといえます。

生命保険料控除で税金を減らせる

学資保険に加入していると「生命保険料控除」の対象になるため、所得税や住民税の額を軽減できる場合があります。

増えて戻ってくるお金にさらに税金の負担も減らせるため、手元に残るお金を更に増やせる効果が期待できるでしょう。

子供の医療保険も加入できる

特約を付加すると、子供が入院や手術をした場合に給付金を受け取れるため、子供の保障も準備できます。

他の医療保険に加入する手間も省けるため、保障も同時に準備したい方にとってはうれしい仕組みですね。

学資保険のデメリット

学資保険に加入する際には、気をつけなければならない点がいくつかあります。

保険料がかかる

毎月支払う保険料は1万円を超える場合が多いので、家計の中でも大きな支出となります。

保険料が支払えなくなると解約のリスクも高まるため、加入時はいくらまでなら問題なく払えるのかをしっかり考える必要がありますね。

換金性が低い

学資保険で一度積み立てたお金は、解約するか契約者貸付という制度を利用しないといけないため、簡単には引き出せない仕組みです。

銀行の貯金のように簡単に引き出せないため、少しお金が必要になった場合は他の手段を考える必要があります。

インフレに弱い

インフレとは物価が上昇することを意味します。

学資保険に加入して保険料を支払い、保険金を受け取るときに増えたとしても、それ以上にインフレが進行しているとせっかくの保険金の価値が目減りしてしまいます。

未来のことは分かりませんが、払った分よりも増えることで必ず資産が増えるわけではない点に注意しましょう。

解約すると元本割れが発生する

学資保険は途中で解約すると元本割れが発生します。

途中解約をした場合、支払った保険料よりも少ない額のお金しか返ってきません。

少しでもお金を増やしたいと思って学資保険に加入する人も多い中で、これでは何のために加入したのか分かりませんよね。

無理してお金を貯めようとしてばかりに、高額な保険料が払えずに解約をしてしまうという事態だけは、避ける必要があります。

学資保険に加入する際は以上の点に注意しましょう。

学資保険が必要な方のケース

学資保険への加入が必要な方は、以下の4つのうちいずれかに当てはまる方です。

貯金が苦手

貯金が苦手な方は、学資保険のお金を貯めやすい仕組みを利用すると、効率よく貯蓄できます。

毎月一定額を貯金しようと思っていても、予定外の出費が発生したり、貯めたお金を使ってしまったりなどで思うようにお金が貯められない人もいらっしゃいます。

学資保険に加入すると、決まった額の保険料を毎月支払うため、計画的かつ半強制で貯蓄が可能です。

教育資金の準備が足りない

現在貯金があまりなく、教育資金が準備不足で、これから準備しなければならないと考えている家庭では、学資保険の満期金が役に立ちます。

ただし、教育資金の全てを賄える訳ではない点に注意しましょう。

学資保険は、入学金や準備費用など、まとまった出費で困らないための準備だからです。

子供の教育資金は1,000万円ほど必要と言われているため、学資保険で賄えるのはほんの1部。

急にまとまったお金を準備することはとても大変ですので、学資保険も使いながら計画的に少しずつ貯めていく必要があります。

将来の教育資金が心配

自分に子供が生まれると、立派に成人するまでにいくらの教育費用が必要になるのだろうと心配になりますよね。
このような不安を抱えている方にも学資保険は有効です。

漠然と貯金をしても、いくらを目標にして貯めていけばよいのかわからなくなってしまいうまく貯金できない場合もあるでしょう。

学資保険であれば、契約時に200万円や300万円という満期金を設定するため、目標を決めて貯めていくことができます。

安全かつ効率的に貯蓄

教育資金を、安全かつ効率的に貯めて行きたいと考えている方にも、学資保険はとても効果的です。

学資保険には、契約者(親)が万一の場合の保障が付帯されている点が、他の貯蓄手段との大きな違い。

加えて支払った保険料よりも、多くの保険金を受け取れるため、学資保険は効率性も兼ね備えています。

学資保険が不要な方のケース

以下のケースに該当する場合は、学資保険は不要である可能性があります。

すでに教育資金が準備済み

学資保険は教育資金を貯めるための手段ですので、すでに教育資金が準備できている人にとってはあまり必要ありません。

親が万一の場合の保障機能も学資保険にはありますが、教育資金を準備できている場合は、学資保険にこだわらず、他の死亡保険で準備しても大丈夫です。

自分で貯蓄ができる

自らの力で、定期預金や自動積立、投資などで計画的に貯金ができるができる方は学資保険の必要性は薄いでしょう。

しかし、学資保険以外の貯蓄手段だけでは、親が万一の場合の保障がないため、生命保険に加入するなど、別の手段で準備する必要があります。

契約者の死亡保障がある

契約者になる親が死亡した場合に、子供がその後の生活や進学に困ることのない十分な保障が確保されている場合は、無理に学資保険に加入しなくても良い場合があります。

ただし、掛け捨ての生命保険で保障を準備している場合は、教育資金を貯める手段を別で確保することを忘れてはいけません。

貯蓄もしつつ死亡保障も得られるような「低解約返戻金型終身保険解約型」に加入している場合は、貯まったお金を受け取るタイミングがお子様の進学のタイミングと合致しているか今一度確認しましょう。

学資保険が必要とされる理由

学資保険が必要とされている理由は、貯蓄と保障がセットになった保険であることが評価されているからです。

株や不動産などの資産運用の知識がなくても、学資保険に加入していると、支払った保険料以上の保険金を受け取ることが可能。
さらに、保険料を払い込んでいる途中で契約者(親)が亡くなってしまっても、保険料の払い込みが免除される仕組みです。

貯蓄と保障を1つの保険で準備でき、保険金を受け取るタイミングも子供が進学するときに合わせて作られています。

学資保険に入るだけで、将来お子様が困らないように、万が一の対策をしつつ教育資金を貯蓄できるのが学資保険の良さです。

特約を付加すると、子供の医療保障を準備できたり、追加で子供の養育資金も準備できたりと、選択できるプランは多種多様。

学資保険であれば、様々な方のライフスタイルに合わせて、教育資金を準備できます。

学資保険の必要性を現役FPが伝授

子供の教育費は最低でも1,000万円必要

子供の教育費は、幼稚園から大学まで全て公立校、国立校に進学しても1,000万円のお金がかかります。全て私立だった場合は、2,000万円以上ととても高額。

これらを全て学資保険で補う必要はありませんし、国や自治体の補助制度もあるため、実際はここまでかからないケースも多いです。

しかし、自分の子供が将来進学を希望している道があるのに、お金がなくて叶えてあげられなってしまうと、悲しいですよね。

学資保険を利用してまとまったお金を準備すると子供の希望も叶えてあげやすくなりますし、色んな選択肢にも対応できるでしょう。

「子供のために貯めている」という意識が芽生える

学資保険に加入すると「子供のためにお金を貯めている」という意識が芽生えることも、お金を貯めることに役立っています。

銀行の定期預金などの貯蓄でお金を貯めようと思っていても、途中で引き出してしまったり、貯蓄を諦めてしまったりするケースがとても多いです。

しかし学資保険に加入すると、名前の効果もあってか、支払っている保険料は子供のもの、もしくは子供のためのものと考えるようになるため、貯蓄に成功する確率が上昇します。

学資保険の仕組みである、「毎月一定額の保険料が口座から天引きされる」「途中で解約すると元本割れが発生する」
という特徴もあいまって、貯蓄よりもお金が貯めやすいため、学資保険は教育資金を貯める方法としてとても優れています。

現役FPがオススメする学資保険

数ある学資保険の中で、もっともおすすめな学資保険はソニー生命の学資保険「スクエア」です。

ソニー生命の学資保険スクエアは、他の学資保険と比較しても、設定した保険金に対して払い込む保険料が少なくて済むため、とても効率的に教育資金を貯めることができます。

保険金の受け取り方法も、

  • 大学入学時に一括で受け取る
  • 大学の入学時から毎年受け取る
  • 大学の入学時だけでなく中学や高校の入学時にも受け取る

など、ご家庭の状況や希望に合わせた受け取り方が可能です。

保険料や保険金の試算はインターネットから簡単にでき、必要であればソニー生命のライフプランナーの無料相談も申し込めます。

ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

  • ソニー生命の学資保険

    高い返戻率で圧倒的な人気を誇る学資保険

    プラン・型 I型〜III型
    返戻率の目安 103.8%〜108.0%
    保険タイプ 貯蓄型
    評価
    ★★★★★

    返戻率100%を下回る学資保険が存在するなか、ソニー生命の学資保険「スクエア」は108.0%という非常に高い返戻率を誇る学資保険です。 他保険業者の学資保険よりも返戻率が高く、さらに契約者死亡時の保障も手厚いため、数ある学資保険の中でも突出した人気の学資保険です。 ソニー生命の学資保険「スクエア」…

学資保険に必要かをしっかり検討

この記事では、あなたにとって学資保険が必要かどうか判断できるようになるための情報をお伝えしてきました。

ここまで読んでいただいて、学資保険を必要だと感じられましたか?
少しでも必要だと感じたら、調べたり相談したりして積極的に検討していきましょう。

学資保険に加入するときは、今後のライフプランをしっかり考えたうえで、家計への圧迫がない範囲でプランを選んでいきましょう。

学資保険の種類が多くて自分ではうまく選べないというか方は、ソニー生命の学資保険「スクエア」を検討してみてください。

ライフプランナーに相談することで、あなたが不安に感じていることにも適切なアドバイスをしてくれます。

相談の申し込みはインターネットから簡単にできますので、有効に活用してあなたに合った
学資保険を見つけてくださいね。

関連する人気の記事