1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. 教育資金の準備に最適なのは学資保険なのか?

教育資金の準備に最適なのは学資保険なのか?



				

<PR> ソニー生命の学資保険相談キャンペーン

学資保険以外の選択肢を紹介

子供の将来の教育資金を貯める方法として一般的な学資保険。しかし学資保険以外にも教育資金を貯める方法はいくつか存在します。

場合によっては、学資保険よりも自分に合った選択肢となる可能性があるので、それぞれの違いに着目してみましょう。

自動積立・定期預金

銀行で自動積立の定期預金を使うことにより、自分の普通預金口座から毎月一定額を積み立てることが可能です。

適用される積立利率は、銀行によって異なるため比較してみると良いでしょう。中には証券口座を開設すると、利率がアップする銀行もあります。

財形貯蓄制度

財形貯蓄制度とは、勤務先で行う貯蓄制度のことで、給与から毎月一定額を天引きしてお金を積み立てていきます。

この制度には以下の3種類があります。

一般財形貯蓄

幅広い用途に使える財形貯蓄で、いつでも払い出し可能です。

3年以上の定期的な積立が必要で、積み立てた額には一定の利子がつきます。
しかし、引き出すときに、増加した利子分の20%が税金として徴収されるため注意しましょう。

財形住宅貯蓄

マイホームを購入するために資金を積み立てる財形貯蓄です。そして、積み立てたお金は、住宅を取得することを証明する書類を提出しないと引き出せません。

また、積み立てた額のうち、元本と利子を合計し550万円までは非課税となる優遇制度があります。

財形年金貯蓄

退職後の生活資金を確保するために積み立てる財形貯蓄です。55歳未満で積立をスタートし、60歳以降に積み立てた額を年金で受け取ります。

財形住宅貯蓄と同じく550万円の非課税枠がありますが、財形住宅貯蓄と合算して550万円までなので注意しましょう。

この中で教育資金を貯めるには、一般財形貯蓄が最も適しています。財形住宅貯蓄財形年金貯蓄の財形は、引き出すために一定の条件があるため、教育資金をためる手段としてはあまり向かないでしょう。

低解約返戻金型終身保険

生涯にわたって保障される終身保険のなかでも、保険料払込期間中の解約返戻金を少なくしている代わりに、保険料が割安になっているものを指します。

保険料を払い終えると解約返戻金の額があがり、返戻率(解約返戻金÷支払った保険料の総額)も上昇し、支払った保険料の総額よりも多い額の解約返戻金を受け取れます。

この貯蓄機能を生かして、教育資金を貯める方法もあり、万が一の死亡保障を確保しつつ貯めていくことが可能です。

ただし、保険料の払込期間中に解約すると元本を大きく割ってしまいます。

また、 保険料の払い込みが終わる年齢は、子供の年齢ではなく親の年齢を設定するため、子供の進学のタイミングに合わせられない可能性があるので注意しましょう。

個人年金保険

国が運営している公的年金(国民年金、厚生年金など)とは違い、個人年金は保険会社が販売している保険商品です。

もともとは、65歳を超えると国から支給される年金に上乗せをするために加入するもので、60〜65歳頃まで毎月一定額を積み立てていきます。

積み立てた年金の受け取り方は、生涯にわたって受け取れる終身年金か、受け取り期間が決まっている有期年金、もしくは一括でも受け取ることも可能。

近年の年金保険の中には、保険料の払い込み期間や年金の受取開始時期を老後ではなく、比較的自由に設定できるものも増えてきています。この仕組みを生かして、学資保険の代わりに教育費を積み立てる手段として使うことも可能です。

ただし、保険料の払込期間中に契約者である親がなくなると、それまで支払った保険料分しか戻ってこないため、保障面で少し物足りなさを感じます。

個人年金に加入すると税金の負担が減る

そして個人年金保険の最大の特徴は、生命保険料控除が死亡保険や医療保険と別枠で控除が受けられる点にあります。

生命保険料控除とは、生命保険に加入していると所得税などの計算の対象となる年間の所得から一定額が控除され、税金の額が安くなる制度のことです。

生命保険料控除には上限があり、年間に支払う保険料が上限に達すると、それ以上税金は安くなりません。

学資保険は他の死亡保険の保険料と合算されるため、上限に達しやすいのですが、個人年金は死亡保険と枠が別に設けられるため、更に税金の負担を減らすことが可能です。

養老保険

貯蓄と死亡保障を兼ね備えた保険です。

特徴は、保険期間中になくなった場合の死亡保険金と、満期まで生存していた場合に受け取れる満期保険金の額が同じ額なこと。

契約者(親)が、なくなっても生きていても学資金を受け取れる学資保険と仕組みが似ているため、学資保険の代わりとして使えなくもありません。

ただ、現在の保険会社で養老保険を販売しているところは少なく、販売していたとしても

  • 支払った保険料の総額よりも保険金の額が少ない
  • 外貨建てのため為替リスクを追ってしまう

などのデメリットがあります。

特に外貨建て保険の場合は、支払った保険料が米ドルなどの外貨に交換されて運用さるため、受け取る時に円とドルの相場によって損をする可能性があるため注意しましょう。

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは少額投資非課税制度のことで、年間80万円までの投資で得た利益や配当金、分配金に税金がかからなくなります。
(通常は得た利益等に対して約20%が課税されます)

ジュニアNISAで投資できる期間は最大5年間で、お子様に代わって親が資金を運用します。

学資保険に比べると、積み立てる期間が短く、投資なので損をする可能性があることも注意する必要があります。

貯蓄をしない

あえて貯蓄をせず、教育費が必要になったら教育ローンや奨学金を利用する方もいます。

未来のことは分からないので、教育費を積み立てても、お金を貯めても子供が進学せず使わない可能性もあるでしょう。

このため、必要になった時だけお金を借りて調達するのですが、教育ローンや奨学金はあくまで”借金”なので借りた分は利息をつけて返す必要があります。

教育ローンと奨学金の違い

教育ローンと奨学金は以下の違いがあります。

奨学金教育ローン
利息低い(卒業後に発生)高い(借りた次の日から発生)
借りる人
(返済する人)
学生(子供)
受取方法毎月指定の口座に振り込まれる一括で受け取る
返済開始期間卒業後借りた翌月

特に教育ローンは利息が高いため、借りるのは最低限にしましょう。もし奨学金や教育ローンを借りる場合は、それぞれの違いを理解して借りることが大事です。

保険屋ノグチのココだけの話

学資保険ではなく、
1.「低解約返戻金型終身保険」と2.「個人年金」を検討されている方へ注意!

  1. 低解約返戻金型終身保険の場合多くは、払い込みが終了して一年後に返戻率が上がるようになっている為払い込みが終了して一年以内にお金が必要になるケースでは解約しても100%を割ってしまう!という事態も・・・。
  2. 個人年金保険に加入する時しっかり確認しておくことは【税制適格】となっているかだ!特にサラーリマンの方で個人年金保険料控除を目的として加入する際は【一般用】になっていたら一般生命保険料控除に該当するため別の枠になってしまう!

学資保険が選ばれる理由

教育資金を貯める方法は、学資保険が一番適しています。
その理由は以下の3つです。

  • 毎月決まった額が口座から自動的に引き落としされる仕組み
  • 保障と貯蓄を両方兼ね備えている
  • 子供の進学に合わせて学資金を受け取れる

また、学資保険以外の方法で教育資金を貯めようとすると、何かしらの足りていない部分が出てきます。

例えば個人年金を学資保険の代わりにしようとすると、貯蓄はできますが、親がなくなった場合の保障が手薄です。

そのため、教育資金を貯める手段は学資保険が最も適していると言えるでしょう。

おすすめの学資保険

学資保険の中でも、ソニー生命の学資保険「スクエア」が最もおすすめです。
その理由は以下の3つの特徴があるからです。

  • インターネットから簡単に試算ができで無料相談も申込める
  • 学資保険の中でも特に高い返戻率
  • ソニー生命は信頼度が高い保険会社

特にソニー生命の学資保険の返戻率の高さは、他社が販売する学資保険と比べても最高の水準で、貯蓄性がとても高いです。

以上の理由から、学資保険に迷った時はソニー生命の学資保険がおすすめです。


<PR>


学資保険に加入する際のポイント

学資保険を選ぶ時に気をつけるべき点をまとめてみました。

「他人にすすめられたから」
「なんとなくネット調べて加入した」

このようによく考えもせずに学資保険に加入するのが1番危険です。

学資保険のメリットやデメリット、選ぶ際のポイントを考慮した上でしっかり選びましょう。

学資保険の基本とメリット・デメリット

学資保険が必要か不必要か

まず学資保険そのものが必要か不要かをしっかり検討しましょう。

学資保険に加入する目的は、「将来必要になる教育費を効率よく確保するため」です。
このため、貯蓄が十分にあるなど、すでに確保できている人は必要ありません。

また、将来子供が進学をするかわからないため、進学が決まったときに教育ローンや奨学金でお金を借りると考えている人にとっても不要です。

ただし、親に万一のことがあったときのことも考えて対策をしておかないと、子供は将来、教育資金を確保するのに苦労するかもしれません。

親が万一の場合でも、学資保険に加入していると子供にお金を残すことができます。

学資保険に加入しない場合は、自分に何かあった場合でも子供にお金を残せるのかを考える必要があります。

保険料に対する返戻率

学資保険を選ぶ上で、返戻率を比較することはもっとも重要と言っても過言ではありません。

返戻率とは、支払った保険料に対してどれくらいの保険金や祝い金を受け取ったかを表したものです。
この値が100%を超えていると、支払った保険料よりも多くの学資金を受け取れたことになり、効率よく貯められたといえます。

詳しくは、下の図をご覧ください。

保険会社によって学資保険の返戻率は全く異なり、同じ条件で試算をしても違う結果がでます。
このため、複数の学資保険を試算し、できるだけ返戻率が高いものを選ぶと良いでしょう。

貯蓄型か保証型か

学資保険は、返戻率を高めることを重視した「貯蓄型」と特約などを付加し保障を充実できる「保障型」の2つに分けることができます。

学資保険を選ぶ際は、貯蓄型と保障型のどちらかを選ぶ必要があるので、自分が学資保険に何を求めるのかを考えた上で選ぶようにしましょう。

少しでも多く貯めたいのであれば貯蓄型、子供の入院や手術の保障も準備したいのであれば保障型を選ぶと良いです。

保険会社名商品名返戻率険タイプ
ソニー生命学資保険スクエア108.0%貯蓄性
明治安田生命つみたて学資104.8貯蓄性
フコク生命みらいのつばさ105.5貯蓄性
住友生命こどもすくすく保険101.7保障性/貯蓄性
第一生命こども保険100.8保障性
かんぽ生命はじめのかんぽ97.4%保障性

おすすめは貯蓄型

学資保険は貯蓄型を選ぶのがおすすめです。
その理由は以下の2点。

  • 学資保険はあくまでお金を貯めるための保険だから
  • 子供の医療費はそこまでかからない場合が多い

特に子供の医療費は、自治体によって補助が出るところも多いため、無理に入院保障をつける必要はありません。

このためどちらか迷ったのであれば、貯蓄型の学資保険を加入すると良いでしょう。

保険料の払込みが満了する時期

学資保険は、保険料を払い込む年数を一定の範囲内で設定可能です。
そして、保険料の払込を早く終えるほど、返戻率が高くなるので、保険料の払込期間は出来るだけ短くすると良いでしょう。

ただし、払込期間を短くすると毎月の保険料が上昇するので、家計を圧迫してしまう可能性があります。

家計が過度に圧迫されると、支出が増えた時や収入が下がってしまった時に、保険料を払っていけなくなる可能性があります。その結果、途中で解約してしまうと元本割れが発生して損をしてしまう事態になりかねません。

そのため、払込が満了する時期を早く設定する場合は、保険料が家計を過度に圧迫しない額となるように設定しましょう。

満期金を受け取るタイミング

満期金やお祝い金は、一括で受け取るか分割で受け取るかを設定できます。

一括受取は子供の大学に入学する前などにまとめて、分割受取は小中高校や大学それぞれの時期に分割で受け取るケースが多いです。

学資保険の満期金やお祝い金を受け取るタイミングで迷った時は、子供が大学や高校に入学するタイミングで受け取るのが最もおすすめです。

大学や高校の入学のタイミングが最もまとまったお金が必要で、学資保険で貯めたお金を活かせるタイミングだからです。

保険屋ノグチのココだけの話

一度解約してしまうと同じ条件より不利になることの多いのが保険ですので入り口(加入時)はとても大事なのです!

加入をする際には、解約にならないように自分のライフプランにあった設定で加入することが重要です!

教育資金の準備なら学資保険

学資保険を使って教育資金を積み立てる意味は「子供の将来のために積み立てている」意識を、親が持てることです。

普通の貯金だと、「今月はピンチ!」の時などに使ってしまって結局貯められなかったという結果になってしまいます。

なにより貯金だと、親が亡くなってしまった場合の保障がありません。

学資保険であれば、

  • 保険料は毎月口座から天引き
  • 解約すると元本割れするので簡単に解約できない
  • 親が亡くなった場合は保険料の払い込みが免除されるため、安心して教育費を準備できます。

お子様を良い学校に通わせてあげたい、自分が亡くなってもしっかり育って欲しい、と思う気持ちがあるのであれば、学資保険を検討してみてはいかがでしょうか。

また、良い学資保険に入りたいけれども余裕がないという方は、家計の固定費などを見直してお金を捻出するすることも大事です。

先ほどご紹介したソニー生命のライフプランナーに相談すると、学資保険だけでなくお金に関する総合的な相談も対応してくれます!

ぜひ一度ご相談されてみえてはいかがでしょうか。


<PR>

関連する人気の記事