1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. フコク生命の学資保険を徹底調査。みらいのつばさは良い保険?
2019.05.20
6 views

フコク生命の学資保険を徹底調査。みらいのつばさは良い保険?

フコク生命の学資保険は「みらいのつばさ」

フコク生命は学資保険「みらいのつばさ」を販売していますが、数ある学資保険の中でも比較的優れている部分や、みらいのつばさ独自の仕組みがあります。

今回はみらいのつばさの特徴だけでなくメリットやデメリット、みらいのつばさ以外の選択肢についてもまとめました。

自分やご家庭にとって、みらいのつばさが合っているかどうかご判断いただくためにも、ぜひご一読ください。

フコク生命のみらいのつばさの特徴

フコク生命のみらいのつばさには以下の4つの特徴があります。

ステップ型とジャンプ型がある

みらいのつばさには、ステップ型とジャンプ型があり、保険金を受け取るタイミングが異なります。詳細は以下の通りです。

プラン名保険金を受け取るタイミング
保険金の金額
保険金額を100万円設定した場合
受取金額
ステップ型・幼稚園入園祝金:保険金額の5%
・小学校入学祝金:保険金額の5%
・中学校入学祝金:保険金額の10%
・高校入学祝金:保険金額の10%
・大学入学祝金:保険金額の70%
・成人祝金:保険金額の10%
・満期保険金:保険金額の100%
・幼稚園入園祝金:5万円
・小学校入学祝金:5万円
・中学校入学祝金:10万円
・高校入学祝金:10万円
・大学入学祝金:70万円
・成人祝金:10万円
・満期保険金:100万円
ジャンプ型・大学入学祝金:保険金額の100%
・満期保険金:保険金額の100%
・大学入学祝金:100万円
・満期保険金:100万円
合計 200万円

特にステップ型は、かなり細かく祝金や保険金を受け取れることが分かりますね。また、どちらも、もっともお金がかかる大学に入学するタイミングではしっかり保険金を受け取れます。

貯蓄型の学資保険

学資保険には、「貯蓄型」と「保障型」がありますが、みらいのつばさは貯蓄型に分類されます。支払った保険料の総額よりも受け取った保険金の総額の方が多くなるためです。

一方で、医療特約や育英年金特約など付加できないため、保障を充実させることはできません。

ただし、契約者(親)が保険料の払込期間中になくなった場合、以後の保険料の払込が免除され、お子様は保険金やお祝金を予定通り受け取ることが可能ですので、最低限の保障機能はあります。

兄弟割引がある

みらいのつばさの最も大きな特徴が、兄弟割引の存在です。兄弟割引とは、2人以上のお子様がいるときに、兄弟でみらいのつばさに加入していると2人目以降のお子様の保険料が割引される仕組みです。

例えば、契約者(親)の年齢が30歳、被保険者(子供)の年齢が0歳、満期保険金額100万円、払込期間11歳の場合の保険料を比較してみます。

兄弟割引毎月の保険料払込保険料総額受取総額返戻率
なし14,354円1,894,728 円2,000,000円105.5%
あり14,254円1,881,528 円106.2%
-100円-13,200円-+0.7%

※返戻率は、受取総額÷払込保険料総額で計算

上記のように、総額で1万円以上の保険料が安くなりました。しかし、実際は2人目が生まれると親も年をとるため、このような結果にはなりません。

仮に1人目が生まれた1年後に2人目の子供が生まれた場合は、以下のような結果となります。

兄弟割引毎月の保険料払込保険料総額受取総額返戻率
1人目(割引なし)14,354円1,894,728 円2,000,000円105.5%
2人目(割引あり)14,259円1,882,188 円106.2%
-95円-12,540円-+0.7%

保険金を受け取るために支払う保険料の額が1人目のお子様と比べて少なくなるため、より効率的に教育資金をためることができます

保険料の払込方法、期間

保険料の払込む回数は、以下の3種類があります。

  • 月払:毎月保険料を払込む
  • 半年払:年に2回保険料を払込む
  • 年払:年に1回まとめて保険料を払込む

    保険料を払込む方法は、以下の3種類から選択します。

    • 口座振替扱:指定の金融機関口座から口座振替で保険料を払込む方法
    • 集金扱:フコク生命の集金人に保険料を払込む方法
    • 送金扱:金融機関などの指定の口座に送金して保険料を払込む方法
    • 店頭持参扱:フコク生命の支社または本社に保険料を持参し払込

      多くの方は、口座振替扱いで保険料を払い込みます。クレジットカード払いには対応していないため注意しましょう。

      保険料の払込期間は、お子様の年齢が11歳、14歳、17歳のうちいずれかを選択します。年齢を高くした方が毎月の保険料の負担は減りますが、払込む合計額が多くなるため、注意しましょう。

      フコク生命のみらいのつばさのメリット

      フコク生命のみらいのつばさには、以下の2つのメリットがあります。

      高い返戻率

      返戻率とは、支払った保険料に対しても受け取れる保険金の割合を示したもので、100%を超えていると、支払った保険料よりも受け取った保険金の方が多かったことを表します。

      みらいのつばさは、貯蓄型の学資保険ということもあり、返戻率がとても高いです。

      例えば、ジャンプ型で契約者(親)年齢が30歳、被保険者(子供)年齢が0歳、兄弟割引なし、保険金額:100万円で試算をすると返戻率は105.5%。さらに、兄弟割引を適用した場合は、返戻率が最大で106.2%まで上昇します。

      現在は低金利の影響で、以前に比べて学資保険の返戻率が大きく低下している状況です。中には返戻率が100%を切るものも多く存在します。

      このようにみらいのつばさは、とても貯蓄性に優れた保険であることが分かりますね。

      柔軟性のあるプラン

      みらいのつばさは、保険金の受け取りの希望に合わせてステップ型とジャンプ型を選べるだけでなく、保険料を払込む年齢も選べます。

      このため、学資保険の中でもプランの柔軟性がたかく、自分に合ったプランが見つかりやすい点がメリットです。

      学資保険は返戻率だけで選ぶのではなく、自分や家族に合ったプランの中からできるだけ返戻率の高いものを選ぶことが重要。返戻率だけで選んでしまうと、必要なタイミングで保険金を受け取れず、学資保険に加入した意味合いが薄れてしまいます。

      学資保険の中には、返戻率が高くてもプランの柔軟性が低いために、必要なタイミングでお金が受け取れないものも。

      柔軟性が高いことは、学資保険を選ぶ上でとても大事な指標なのです。

      フコク生命のみらいのつばさのデメリット

      メリットが多いように感じるみらいのつばさですが、もちろんデメリットも存在します。

      満期金の受け取りが22歳のみ

      みらいのつばさの満期年齢は22歳のみで、変更することができません。

      みらいのつばさは満期時に最も大きなが額の満期保険金を受け取る仕組みのため、大学の入学時に前倒しで受け取るという手段もとれないのです。

      学資保険の本来の目的は、「教育資金」を貯蓄することですので、まとまった資金が必要な進学時や在学時に保険金を受け取れるのが一般的。

      しかし、なぜかみらいのつばさは、教育が終わって子供が独立するタイミングで、最も大きな額の保険金を受け取る仕組みなのです。

      プランの柔軟性は比較的高い方ではありますが、満期の年齢だけは自由に設定できないため、注意しましょう。

      保障を準備できない

      みらいのつばさは、貯蓄性の学資保険のため、特約を付加して子供や親の保障を充実させることができません。

      このため、子供が病気やケガで入院した場合の保障や、親がなくなった場合に、子供に養育費が支給される保障などを付加できません。

      学資保険に保障機能も欲しいと考えている方は、他の医療保険や死亡保険に加入する必要があるため注意しましょう。

      1人目のお子様には兄弟割引は適用されない

      みらいのつばさの最大の特徴である兄弟割引は、2人目以降のお子様にしか適用されません。1人目のお子様が割引を受けられるわけではないのです。

      また、兄弟割引を適用するためには、契約者が同じ人である必要があります。

      1人目の契約者は父親、2人目の契約者は母親のように、別の人にしてしまうと兄弟割引が受けられないため注意しましょう。

      貯蓄型の学資保険はみらいのつばさ以外にもある

      みらいのつばさは貯蓄型の学資保険ですが、他の保険会社でも貯蓄型の学資保険は多く販売されています。

      例えば、以下の表をご覧ください。各生命保険会社の学資保険を、条件を統一して試算を行い、ランキングにしたものです。

      順位保険会社商品返戻率
      全期払10年払込
      第1位ソニー生命学資保険「スクエア」103.8%107.2%
      第2位日本生命ニッセイ学資保険101.7%105.%
      第3位フコク生命みらいのつばさ102.5%105.5%
      第4位明治安田生命つみたて学資102.7%104.7%
      第5位JA共済学資応援隊98.3%101.3%

      ※試算条件=契約者(親)年齢:30(男性)、被保険者(子)年齢(男の子):0歳
       保険金総受取額:200万円(ニッセイ学資保険のみ210万円で計算)/保険料払方:(口座振替)
      ※つみたて学資の全期払いは、15歳払込で試算

      このように、フコク生命のみらいのつばさよりも返戻率が良い学資保険は存在します。

      もし少しでも効率よく教育資金を貯めたいと考えているのであれば、みらいのつばさ以外の学資保険も検討すると、より納得度が高まるでしょう。

      この章では、みらいのつばさよりも返戻率の高い、ソニー生命の学資保険スクエアと日本生命のニッセイ学資保険について解説していきます。

      ソニー生命学資保険「スクエア」

      ソニー生命の学資保険スクエアは、保険金(学資金)の受け取り方や、保険料の払い方を柔軟に設定できるだけでなく、どのプランにしても高い返戻率にできるのが最大の魅力。

      どの学資保険にしようか迷った時は、ソニー生命の学資保険スクエアにすれば間違いないといえるくらいパフォーマンスの高い学資保険です。

      ソニー生命の学資保険は、以下の3つに分けることができ、学資金の受け取り方が異なります。

      • Ⅲ型:大学へ進学後も毎年継続的に受け取れる
      • Ⅱ型:お子さまが大学に進学したタイミングで受け取れる
      • Ⅰ型:中学校や高校へ入学するタイミングでも受け取れる

      特にⅢ型の返戻率が最も高く、保険料の払い込み期間を10年にすると107%前後の返戻率。みらいのつばさで兄弟割引を使ったとき以上の数値になります。

      プランの幅も広く返戻率も高水準ですので、多くの方のニーズを満たす学資保険といえますね。

      日本生命「ニッセイ学資保険」

      ニッセイ学資保険は、こども祝金のありなしを選べるのが特徴。祝金ありを選ぶと大学の入学時だけでなく、各学校に進学したタイミングで祝金を受け取ることができます。

      • こども祝金あり型:小中学校、高校の入学時+18歳から毎年22歳までの計5回
      • こども祝金なし型:18歳から毎年22歳までの計5回

      尚、こども祝金なし型の方が、返戻率は高くなる仕組みです。また、こども祝金ありを選択するためには、お子様の年齢が2歳になるまでに加入しなければいけません。

      そして、保険料の払込期間を5年にできる点も他の学資保険にはないポイントです。上記のランキングの試算条件で、払込期間を5年にすると返戻率が約108%まで上昇します。

      ただし、保険料の払込期間を5年にすると毎月の保険料負担が大きくなり、家計を過度に圧迫する恐れもあるため注意しましょう。

      まとめ

      今回は、フコク生命のみらいのつばさについて解説しました。貯蓄型の学資保険の中でも返戻率が高く、兄弟割引を利用することでさらに効率的に教育資金を貯めることができます。

      みらいのつばさは学資保険の中でも優れていますが、みらいのつばさよりも優れた学資保険も存在するため確認すると良いでしょう。

      特にソニー生命の学資保険スクエアは、プランの幅が広いだけでなく、返戻率も高水準。兄弟割引を適用したみらいのつばさ以上の返戻率ですので、ぜひ1度試算をしてみてください。

      ソニー生命の学資保険スクエアは、インターネットから簡単に試算ができるだけでなく、ライフプランナーへの申し込みも可能です。

      ご自身が希望する保険金の受け取り方や受け取るタイミング、保険料の払い方でどの学資保険の返戻率が1番高いのかを比較し、あなたに合った学資保険を探していきましょう。

      <PR>
      フコク生命の学資保険を徹底調査。みらいのつばさは良い保険?

      この記事が気に入ったら
      ぜひ「いいね!」をお願いします♪

      みんなに役立つ情報をお届けします。

      このページのタイトルとURLをコピー

      SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

      関連する人気の記事