1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. 子供の教育費の相場と、学資保険を検討すべき理由

子供の教育費の相場と、学資保険を検討すべき理由



				

<PR> ソニー生命の学資保険相談キャンペーン

教育費とは

子供を立派に育てあげるためには、とても多くの教育費が必要になりますよね。
具体的に、教育費がいくら必要になるかはご存知でしょうか?

子供の教育費について具体的にいくら必要なのかを解説していきたいと思います。

まず、教育費は大きく分けると以下の3つに分けられるのでそれぞれ確認していきましょう。

学校教育費

学校教育費とは、家庭が子供の学校教育のために支出した全経費のことをいいます。

そして、以下のものが該当します。

授業料・修学旅行費・児童会・生徒会費・PTA会費・入学費・寄付金

図書費・実験実習材料費・教育外活動費(部活)・通学費・制服・通学用品費など

学校給食費

文字通り、学校で食べる給食費のことを指します。

学校外活動費

上記以外の、補助学習費やその他の学校外活動費のことです。

例えば、家庭学習で自主的に使う参考書代など子供のための習い事に関する費用がこちらに含まれます。

子どもの教育費の平均

ここで子供の教育費が平均でどれだけ発生してきているか確認してみましょう。

下の表は、文部科学省がまとめた資料を参照し、公立または私立の幼稚園、小、中、高(全日制)に通学させる保護者が使う1年間の学習費を表したものです。

1年間にかかる子どもの教育費の平均

・1年間にかかる子どもの教育費の平均

公立私立
幼稚園234,000円(702,000円)482,000円(1,446,000円)
小学校322,000円(1,932,000円)1,528,000円(9,168,000円)
中学校479,000円(1,437,000円)1,327,000円(3,981,000円)
高校451,000円(1,353,000円)1,040,000円(3,120,000円)

※カッコ内は在学中の合計費用
※文部科学省 平成28年 子供の学習費調査 参考資料

在学中の学費の合計

それぞれの在学中の学費の合計をすると以下の通りになります。

学費の合計
全て公立5,424,000円
高校だけ公立7,191,000円
中・高と私立9,735,000円
小・中・高と私立16,971,000円
全て私立17,715,000円

※文部科学省 平成28年 子供の学習費調査 参考資料をもとに計算

表を見ていただくと、全て公立に通った場合と全て私立に通った場合で教育費は3倍以上の差。

さらに中学校から私立に通わせていると、1000万円近くの学費が発生してしまいます。

小・中学生が国立・私立校に通う割合

小・中学校で国立や私立、公立に通う割合がいくらかまとめたものが以下の表です。

国立・私立公立
小学校1.8%98.2%
中学校8.0%92.0%

※出典:文部科学省 平成28年度 学校基本調査 参考資料

表を見ていただくとわかる通り、ほとんどが公立校に通っている結果となりました。

特に小学校では、国立や私立に進学している子供は50人に1人以下ですので、とても少ないと言えますね。

大学までの教育費の総額

次に、大学に入学した場合の学費を確認していきましょう。

結果は以下の表の通りとなりました。

大学にかかる教育費の総額平均

・大学にかかる教育費の総額平均

入学金在学費用(4年間)合計
国公立大学79.7万405.2万484.9万
私立大学文系96.9万599.2万696.1万
私立大学理系120.1万759.6万879.7万

※平成30年2月 日本政策金融公庫の教育費負担の実態調査結果 参考資料

国公立大学に進学した場合で、500万円弱の教育費が発生しており、私立の理系では900万円近い金額が必要となります。

幼稚園から公立に進んだ場合でも教育費は高校まで総額540万円程度必要なため、大学で国公立に進学した場合でも、およそ1,000万円の教育費を準備しなければなりません。

そして公立でない学校に進学すると、さらに教育費は高額になりますね。
例えば、高校で私立、大学で私立理系に進学すると教育費は1,500万円程度が必要です。

また、上記の大学の教育費には、子供が1人暮らしをする際の家賃や仕送りなどの費用が含まれていません。
そのため、自宅以外からの通学する場合はさらに費用が必要となるので、注意しましょう。

教育資金はいくら必要か

このように、進学する学校によって必要な教育費が変わりますが、幼稚園から高校まですべて公立で国公立の大学に通っても約1000万円の学費がかかるため、この金額が目安となります。

私立に進学するとさらに金額が跳ね上がり、1500万円以上の金額になる場合も十分に考えられるでしょう。

どのくらいの教育費が必要かは、家計や環境によっても変わるため、今後のライフプランをしっかり考えた上でお金を準備することが大事です。

ここで大事なのは、子供の意思をしっかり尊重できるように資金を準備しておくことです。

子供がやりたいことや学びたいことがある中で、お金がないから希望を叶えてやれないという状況はとても悲しいですよね。
子供の希望をしっかり叶えてあげるためにも、教育費はしっかり準備すると良いでしょう。

賢い教育資金の貯め方

教育費はとても高額になることがお分かりいただけたかと思います。
ですが実際に、1,000万円以上のお金を準備するとなるととても大変に感じますよね。

そこでもっともおすすめな教育資金の貯め方は学資保険に加入することです。
学資保険であれば、特別な知識も必要なく、効率良くお金を増やしていけるからです。

貯蓄方法にはいろんな方法があるため、最適な方法を選択してお金を貯めていくことがとても大事です。

例えば、学資保険や銀行などの自動積立、株や不動産などで資産運用、その他の保険など様々な方法があります。
しかし資産運用はかなり知識が必要で、初心者だと大きく損をしてしまわないか心配になりますよね。

また、銀行で貯蓄をしても、現在の低金利の状況では、思うようにお金が増えていかないのも事実です。

そこで学資保険を使うと、特別な知識などは必要なく、銀行よりも高い利率でお金を増やすことができます。

国の補助金なども利用しよう

お住いの地域によっては、特定の条件を満たすと幼稚園に入園した時や高校へ進学した際に、補助金を受けられるところなどがあります。

もちろん、この補助金だけで高額な教育費の全てを賄うことは難しいですが、子育てしている世帯にとってはとても助かる制度であることは間違いありません。

貯蓄の手段を検討することも大事ですが、お住まいの地域に補助制度があるのか一度確認してみるとよいでしょう。

保険屋ノグチのココだけの話

国の補助金を利用することもひとつの方法ですね!

国の補助金意外にも奨学金制度という制度をよく耳にしませんか??

日本学生支援機構の28年度の調査によると大学生の約2人に1人が奨学金制度を利用しています。

学資保険だけで厳しい時は奨学金も併用して活用すると準備がしやすいですね!

学資保険とは

学資保険のメリットとデメリット
メリット 学資金を計画的に準備できる
 貯蓄性が高い
 契約者がいなくなった場合の保障がある
 生命保険料控除で税金が減らせる
 子供の医療保険も加入できる
デメリット 保険料がかかる
換金性が低い
インフレに弱い
途中解約すると元本割れの可能性がある

仕組みは、一定期間に毎月決まった保険料を支払って積み立てていき、子供が大学などに進学する際に保険金を受け取るものです。
学資保険とは保険商品の一種で、子供の進学資金を確保するために販売されている保険です。

積み立てたお金は、保険会社が運用して増やしてくれるので、支払った保険料よりも受け取る保険金の方が高い場合が多いです。

また最大の特徴は、保険料を支払っている最中に親が病気や交通事故などで万一のことがあった場合、以後の保険料の払込が免除され、保険金は予定通り受け取れる保障機能にあります。

先ほど解説したように効率良くお金が貯められて、親が万一の時に子供の教育費が保障されるのが最大のメリットです。

加えて学資保険は、毎月決まった額の保険料を口座振替やクレジットカードで支払うため、高い確率で積み立てていけます。
そして積み立てたお金を引き出すために、解約の手続きが必要のため簡単にお金を引き出せません。

このような仕組みのため、簡単に引き出せる預貯金など比べてとてもお金が貯まりやすい仕組みです。

また、生命保険料控除という、所得税や住民税の額を優遇してくれる制度の対象のため、税金の負担を減らすことが可能。

所得税や住民税は年間の所得に対して、一定の税率(%)をかけて計算されます。
そして、学資保険に加入していると、支払っている保険料に応じた一定額が税金の計算対象の所得から除外されます。

このため、学資保険に加入していると税金の負担を減らせるのです。

さらに、特約を付加することで、子供の入院や手術保障を準備できるので、お子様の保障も準備できます。

学資保険の基本とメリット・デメリット

学資保険が人気な理由

学資保険が人気な理由は、以下の点が挙げられます。

  • 貯蓄と保障がセットになっている
  • 資産運用の知識がなくてもお金を増やせる

貯蓄ができる保険や、保障が付いている保険は、学資保険以外にもありますが、両方とも必要な額を備えられるのは学資保険のみです。

特に契約者(親)に万一のことがあった場合に保険料払込が免除されて、学資金をしっかり受け取れるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

また、受け取りや保険料の払方などのプランもたくさんあるため、家族のライフプランに合ったものを選ぶことが可能。

このため、お子様の教育資金を高い確率で準備できるため、学資保険は人気があるのです。

学資保険の貯蓄型と保障型、結局どちらが良い?

おすすめ学資保険

数ある学資保険の中でも特におすすめできるのは、ソニー生命の学資保険「スクエア」です。

おすすめの理由は以下の点で優れているからです。

  • インターネットから試算できるだけでなく相談も申し込める
  • 返戻率は学資保険の中でも屈指の高さ
  • 親が万一の場合の保険料払込が免除され、保険金は受け取れる
  • ソニー生命はお客様からの信頼も高い

返戻率とは、支払った保険料の総額に対しての受け取る保険金の総額の割合。
100%を超えると、支払った保険料の額以上の保険金を受け取れたことになる

特に返戻率は、学資保険の中でも屈指の高さですので、効率良く教育資金を貯めることができます。

また、保険料の払込期間や、保険金の受け取り方もライフプランに合わせて柔軟に選ぶことが可能です。

医療特約などが付加できず、子供の保障を準備できませんが、子供の医療費の自己負担は低い場合が多いため、保障はそこまで必要ありません。

このため、ソニー生命の学資保険スクエアは色々な方々にとって、最良の選択肢になる可能性があります。
いかのページから試算やライフプランナーへの申し込みが簡単にできるため、ぜひ一度覗いてみてくださいね。


<PR>


まとめ

この記事を読んでいただいたことで、子供の将来の教育費がいかに高額になるかご理解いただけたのではないでしょうか。

将来に必要な教育費を確保するためには、早めに貯蓄を開始するのがおすすめです。

そして様々な貯蓄方法がありますが、貯蓄と保障の両方を確保できるのは、学資保険だけですので、高い確率でお子様の教育資金を準備できます。

学資保険には、銀行の預貯金以上の高い利率がつくだけでなく、契約者(親)が万一になった場合でも保険料の払い込みが免除されるため安心できるからです。

お子様が成長されたときに、希望される進路に進めるように、今のうちから学資保険を使って教育資金を貯めてみてはいかがでしょうか。


<PR>

関連する人気の記事