1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. 学資保険の貯蓄額の設定は?払込保険料の相場

学資保険の貯蓄額の設定は?払込保険料の相場



				

<PR> ソニー生命の学資保険相談キャンペーン

子供の教育費の平均額

子供の教育費がいくらかかるかご存知ですか?
じつは、最低でも1,000万円以上必要であると言われています。

そこで実際に、幼稚園から高校までにどのくらいの学費がかかるのかを、文部科学省の資料を元に計算してみました。

以下の表をご覧ください。

1年間にかかる子どもの教育費の平均

・1年間にかかる子どもの教育費の平均

公立私立
幼稚園234,000円(702,000円)482,000円(1,446,000円)
小学校322,000円(1,932,000円)1,528,000円(9,168,000円)
中学校479,000円(1,437,000円)1,327,000円(3,981,000円)
高校451,000円(1,353,000円)1,040,000円(3,120,000円)

※カッコ内は在学中の合計費用
※文部科学省 平成28年 子供の学習費調査 参考資料

学費の合計

それぞれの在学中の学費の合計をすると以下の通りになります。

学費の合計
全て公立5,424,000円
高校だけ公立7,191,000円
中・高と私立9,735,000円
小・中・高と私立16,971,000円
全て私立17,715,000円

※文部科学省 平成28年 子供の学習費調査 参考資料をもとに計算

次に、大学に入学した場合の学費を確認していきましょう。

表を見ていただくと、公立と私立というだけでかなり金額が違うことがお分かりいただけるのではないでしょうか。そして、高校を卒業する前ですでに1,000万円ほどの学費がかかる場合もあります。

・大学にかかる教育費の総額平均

入学金在学費用(4年間)合計
国公立大学79.7万405.2万484.9万
私立大学文系96.9万599.2万696.1万
私立大学理系120.1万759.6万879.7万

※平成30年2月 日本政策金融公庫の教育費負担の実態調査結果 参考資料

国立大学に進学した場合でも500万円弱の費用が発生していますね。

つまり、高校まで公立校で、大学で国立大学に進学した場合でも最低で1,000万円の費用が必要ということになります。さらに全て私立だった場合の費用は2,000万円をゆうに超えるため、進学に備えてしっかり学費を貯めなければいけません。

子どもの将来を考えるということは、自分たちの将来を考えることと同じことです。

そのため、教育資金準備を早い段階で検討するようにしましょう。

教育資金準備には学資保険が最適

これだけ高額な教育費と準備する手段として有効なのは学資保険に加入することです。

学資保険の仕組みを利用すれば、あらゆる状況で子供の教育費を確保できます。

学資保険の仕組み

学資保険は、毎月決まった額の保険料を支払って積み立てていき、お子様の進学などのタイミングでお祝い金や満期金を受け取るという仕組みです。

多くの学資保険は支払った保険料の総額よりも、受け取るお祝い金や満期金の総額の方が大きくなるため、貯蓄の手段としてとても優れています。

最大の特徴は障機能がある点です。保険料を払い込んでいる途中で、契約者である親が亡くなったとき、以後の保険料の払込は免除され、お祝い金や満期金は予定通り受け取ることができます。

また保険金やお祝い金の受け取りパターンは以下の2種類です。

  • 保険期間満了時などに一括で保険金を受け取る
  • お子様が高校や大学などに進学したタイミングに分割で受け取る

このため、家族のライフプランに合った受け取り方を選択できます。

保険屋ノグチのココだけの話

自分たちに万が一は起こらないと思っていませんか?35歳の男性の場合1万人中6.8人の方が毎年亡くなっています。〈厚生労働省「簡易生命表」/平成29年〉

今現在、日本では核家族の世帯が増え、一家の大黒柱に何かあった場合に親や兄弟に頼れるということは極端に少なくなっています。

目に見えないリスクを目に見えるよう案内してくれる味方がいて,きちんとリスクにも備えていれてますか?

おすすめ学資保険はソニー生命の学資保険「スクエア」

学資保険の中でもっともおすすめなのが、ソニー生命の学資保険「スクエア」です。

ソニー生命の学資保険をおすすめするポイントは返戻率の高さと柔軟性の高さです。特に返戻率は、他社で販売されている学資保険と比較しても非常に高いです。

返戻率とは、支払った保険料の総額に対してどれだけの満期金やお祝い金を受け取れたかを表す指標。100%を超えることが最低条件で、105%を超えると優秀な学資保険と言えます。

そしてソニー生命の返戻率は、契約者やお子様の年齢次第では、最大107108という学資保険の中でも最高水準。

また、保険金の受け取り方も、以下の3パターンから選べます。

  • Ⅰ型:中学、高校、大学の入学時の3回に分けて進学学資金と満期学資金が支払われる
  • Ⅱ型:大学の進学時期に一括で満期学資金が支払われる
  • Ⅲ型:大学入学時から毎年1回ずつ計5年間に渡って進学学資金と満期学資金が支払われる

このように、子供のお金が必要になるであろうタイミングに合わせてプランを選ぶ事が可能です。

さらに、満期の年齢は18歳や22歳だけでなく、17歳も選べます。これにより、早生まれのお子様でも大学の進学時に学資金を受け取れるなど様々な配慮がなされています。

このようにソニー生命の学資保険「スクエア」は受け取り率が高いだけでなく、自分や子供のライフプランに合った受け取り方が選択できるためおすすめです。


<PR>


学資保険の加入するタイミング

学資保険は、加入するタイミングが受取率や毎月支払う保険料に影響するためとても大事です。

学資保険の受取率を大きくするには、以下のコツがあります。

  • 契約者である親や子供ができるだけ若い時に加入する
  • 保険料の払込期間を短くする
    例)保険料を払い込む期間が18年よりも10年の方が受取率が高くなる
  • 保険料を支払う回数を少なくする
    例)毎月払いよりも年払い、一括払いにした方が受取率が高くなる

つまり学資保険に加入するタイミングは出来るだけ早い方がおすすめと言えます。

しかし実際に加入する時は、自分や子供のライフプランに合った加入方法を選択することが大切です。

受取時期の設定と金額の設定

学資保険は、子供の教育資金を効率的に貯める手段ですので、子供の教育資金がいつまでにいくら必要になるのかを考えてみましょう。

例えば、子供が大学へ進学する費用として、子供の高校卒業までに300万円貯める!という目標を立てます。

目標を立てたあとは、以下のような流れで試算をしていきます。

  • 目標額を決める
    例)子供が大学に進学するまでに300万円など
     ↓
  • 毎月の保険料に充てられる予算を決める
     ↓
  • 保険会社の学資保険の試算ページを使って、目標額=保険金、予算=毎月の保険料として試算を行い、払込年数が何年必要か確認する

目標額や予算の額は、家庭によって異なるので、学資保険のプランも人それぞれです。

しかし同じ払込期間でも、加入するタイミングが早いほど返戻率は高くなるので、出来るだけ早いタイミングでの加入をおすすめします。

毎月の妥当な保険料の相場

学資保険に加入する時は、自分の家計を圧迫しない範囲で加入しましょう。

家計を圧迫するような保険料で契約をすると、途中で解約するリスクが高くなるからです。

例えば、学資保険に加入した後に、毎月の支出が増えた場合や、逆に収入が減ってしまうと保険を継続していくのが難しくなってしまいますよね。

一方で、保険料を一括で支払ったり、保険料の払込期間を短くすると返戻率が上昇するというメリットもあります。

学資保険の保険料は1万円〜2万円である場合が多いですが、あくまで自分の家計が圧迫されない範囲で、加入しましょう。

保険屋ノグチのココだけの話

  1. 毎月1万円を15年積み立てた場合180万円、2万円だと360万円というように毎月払える保険料で考えるのか
  2. 15年で250万円貯めるために毎月13,900円という逆算で考えるか

正解はありませんが、一般的には(1)の毎月払える金額で保険料を設定されることが多いのが実態です。

月々の保険料を抑える方法

学資保険の月々の保険料の負担を抑えるためには、不要な特約を付加しないことが重要です。

学資保険には、下記のような様々な特約を付加できます。

  • 医療特約:子供が入院したときや手術をうけた時の保障
  • 育英年金:契約者に万一のことがあった場合、満期金や祝い金とは別に毎年定額の年金が支払われる

これらの特約保険料は掛け捨てのため、特約を付加すればするほど返戻率は下がります。

そもそも学資保険には、契約者(親)に万一の事があった場合の保障が最初から付いているので、無理に特約を付加する必要はありません。

このため、学資保険に付加する特約は最低限にしましょう。

学資保険と貯蓄の兼用

学資保険単独で教育資金を貯めるのではなく、貯蓄と兼用して貯めることも考えてみるとよいでしょう。

教育費用を全て保険で貯めようとすると、毎月の保険料が高額になり、家計を圧迫してしまう恐れがあるからです。

一方で、預貯金を併用すれば、家計の状況に応じて積立額の調整もでき、急にお金が必要になった場合の換金もできます。

目安としては、貯めたい教育資金の5080の額を学資保険で貯めて、残りは預貯金でカバーするのが現実的でしょう。

保険屋ノグチのココだけの話

皆さん【緊急予備資金】という言葉をご存知でしょうか?

ライフプランを設定する際必ずご説明するのですが、急な出費や収入が減ってしまった場合に家計にダメージを与えないように準備しておく貯蓄のことです!大体3~6か月分の生活費と言われています。

生活費が20万円ならば20万円×6か月=120万円という具合に常に現金化でき、使った場合は補填するというような貯蓄となります!

貯蓄を重視して加入する際の注意点

学資保険に加入するときに、より貯蓄性を求めて加入する際の注意点を紹介します。

保険料に対する返戻率

学資保険は、返戻率高いほど支払った保険料と比べて多くの保険金やお祝い金を受け取る事ができます。

しかし、保険会社によって、学資保険の返戻率は大きく違い、中には100%を割ってしまうものも多く存在するため注意しましょう。

また、返戻率を大きくしようとすると、保険料の払込期間を短くしたり、年払いや一括払いで保険料を払い込む必要があります。

特に保険料の払い込み期間を短くすると、毎月の保険料の負担が上がるため、家計を圧迫する可能性もあるので、加入する際は慎重に検討する必要があります。

払込完了の時期設定

保険料の払込を完了する時期は、多くの学資保険が大学へ入学する前に払込が完了するようになっています。

そして、できれば保険料の払い込みは子供が高校へ入学するまでに完了させるのが理想。

その理由は、義務教育が終了すると学費の負担が大きくなり、保険料を支払っていけなく可能性があるからです。また、保険料を早く払い終えると、払い込む保険料の総額が少なくなり、返戻率も上昇します。

このため、保険料の払い込みは早めに完了させるのがおすすめですが、ライフプランにもよるため、無理のない計画を立てて払い込んでいきましょう。

満期金の受け取るタイミング

学資保険の満期保険金やお祝い金は、色々なタイミングで受け取れますが、出来るだけ高校や大学の入学前に受け取るのがベストでしょう。

理由は単純で、高校や大学に入学するときが一番まとまったお金が必要だからです。

お祝い金は据え置く

また、小中学校に入学時にお祝い金を受け取るタイプの学資保険は、お祝い金を受け取らずに、保険会社に据え置おくことも検討しましょう。

据え置いたお金には利息がつくため、受け取り率がさらに上昇します。

また、据え置いたお金は、所定の手続きを行えばペナルティを負うことなく引き出せます。

受取人と契約者は同じ人にする

さらに、保険契約者と保険金の受け取りを同じ人に設定すると、税金がかかりにくくなるため、返戻率の減少を防げます。

契約者と保険金の受取人が変わると、課税される税金も以下のように変わります。

  • 所得税:契約者と保険金の受取人が同じ人
  • 贈与税:契約者と保険金の受取人が別の人

贈与税の方が所得税に比べて税金が発生しやすいだけでなく、税金の額も大きくなりやすいです。

せっかく学資保険に加入してお金を増やせられたのに、増えた分のほとんどが税金でもっていかれてしまった・・・となるととても悲しいですよね。

このため、契約者と受取人は同じ人物に設定し、贈与税が発生しないようにしましょう。

保険屋ノグチのココだけの話

学資保険の受け取り方によって「一時所得」と「雑所得」があり特に自営業をされている方は「雑所得」の場合には注意が必要です。

毎年年金のように受け取る学資年金の場合は「雑所得」となり、「雑所得」には「一時所得」のような特別控除額50万円がないので満期金に対して税金が掛かる可能性が高くなるのです!

加入するなら高返戻率の学資保険

学資保険に加入する際は、保険料の負担のない範囲で返戻率ができる高くライフプランに合ったものに加入する事が大事です。

学資保険の加入目的は、「子供の教育資金の確保」であることには変わりません。ただし自分のライフプランに合わせた受け取り方を選択できる商品であることが大前提です。

なにより、お金を貯めるために学資保険に入るのに、特約を付加しすぎて、返戻率が100%を下回るという事態は避けなければなりません。

以上のことから、学資保険は以下の要素を持っているものを選ぶ事が大事です。

  • 返戻率が高い
  • 受け取り方を選択できる
  • どのような条件でも返戻率が100%を割る事がない
  • 余計な保障がない

そして数ある学資保険の中でも、この上記の要素を満たしているのがソニー生命の学資保険「スクエア」です。

ソニー生命の学資保険であれば、余分な医療保障などはなく、返戻率も最大で108%以上と学資保険の中でも最高の水準です。

また、学資金の受け取り方や満期のタイミングも柔軟に設定可能なため、自分や子供のライフプランに合った加入の仕方ができます。

ソニー生命の学資保険のサイトでは、受け取りのシミュレーションや、ライフプランナーの無料相談も簡単にできるので、ぜひ1度のぞいてみてはいかがでしょうか。


<PR>

関連する人気の記事