1. ホーム
  2. 保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. 学資保険の貯蓄型と保障型、結局どちらが良い?

学資保険の貯蓄型と保障型、結局どちらが良い?



				

<PR> ソニー生命の学資保険相談キャンペーン

学資保険の「貯蓄型」と「保障型」とは

お子様の教育資金をしっかり準備するために加入する学資保険。

学資保険は、「貯蓄型」「保障型」に分けることができ、加入する目的に合わせて選択しなければなりません。

そもそも保険商品は万が一の場合を保障するためにあるものですが、人によって備える目的が異なります。

その中でも学資保険は将来の子供の学費に備えることが目的で、親が万が一の事態になってしまっても教育費が保障される仕組みです。

そして、学資保険に加入する目的が貯めることなのか、それとも保障を確保することなのかで「貯蓄型」と「保障型」のどちらを選ぶべきか変わってきます。

それぞれの違いを把握して、自分は学資保険に何を求めて加入するのか、
自分が検討している学資保険は「貯蓄型」なのか「保障型」なのかを確認して加入するのが大事です。

貯蓄型

貯蓄型の学資保険は、お金を貯めることに特化した学資保険です。

教育資金を効率よく貯めることを重視しているため、支払った保険料よりも受け取れる満期金やお祝い金の合計額が多くなります。

銀行の定期よりも、利率が高い場合が多いため、貯蓄の手段としてとても優れていると言えるでしょう。

保障型

保障型の学資保険は教育資金を貯めつつ、子供の保障も確保するタイプです。

例えば、医療特約を付加すると、子供が入院した場合や手術をした場合などに、給付金を受け取れるように設定できます。

さらに育英年金特約を付加すると、契約者である親がなくなった場合に、保険金や額資金以外にも、毎年一定額の子供を育てる養育資金を受け取れます。

貯蓄と保障をひとまとめにしたいという方におすすめできますが、特約を付加すると返戻率が下がるため注意しましょう

「貯蓄型」の仕組みとメリット・デメリット

まず、最初に学資保険で貯蓄型のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

貯蓄型の学資保険の仕組み

貯蓄型は、医療保障などの特約を省くことで、お子様の教育資金を貯めることに特化した学資保険です。

保険という名前がついていると、通常は何かしらの保障が付いていますが、貯蓄型の学資保険には子供の入院保障などは基本的に付いていません。

しかし、学資保険の最大の特徴である、契約者である親が万一の場合に、以後の保険料の払い込みが免除され、満期金などは予定通り受け取れる保障は付いています。

貯蓄型とはいえ、保障が全くないわけではないので安心してください。

貯蓄型のメリット

貯蓄型学資保険のメリットは、支払った保険料の総額よりも保険金を多く受け取ることができる点にあります

貯蓄型は、保障を最小限にしているため、保障型の学資保険と比べて返戻率を高くすることが可能です。

そして、返戻率が高い学資保険に加入すると銀行の預金よりも高い利率で増えていくため、効率的にお金を貯めることができます。

現在銀行の定期預金利率は、0.010%(三菱UFJ銀行)です。

例えば、毎月1万円ずつ15年間にわたって積み立てても、1000円程度しか増えないばかりか、増えた分のうち2割には税金が課せられるので、ほとんど増えません。

しかし、学資保険であれば、同じように毎月1万円を15年間に渡って積み立てると、数万円ほど増えるものもあります。

さらに、支払った保険料は、保険会社が運用するため、自分は毎月決まった日に保険料を支払うだけで、投資の知識なども必要ありません。

このため、お金を貯めるためであれば、貯蓄型の学資保険を選ぶのが最適な選択であるといえるでしょう。

返戻率の計算方法

返戻率の計算は以下のようにします。

この計算式を知っておくことで、あらゆる学資保険の返戻率を確かめることが可能です。

ちなみに貯蓄型学資保険の返戻率は最低でも100%を超え、中には110%のものも存在します。

逆に保障型の学資保険だと返戻率が100%を切るものも存在するため、選ぶ際はしっかり確認する必要があるといえますね。

学資保険の返戻率を詳しく解説!返戻率ランキングも

貯蓄型のデメリット

貯蓄型学資保険のデメリットは、貯蓄以外の保障機能が弱い点です。

保障型の学資保険であれば、子供が入院や手術を受けた場合に給付金を受け取れる医療保障や、親がなくなった時に、毎年一定額の養育年金が支払われる保障を付加できます。

このため、保障を準備する際は、他の保険などに別で加入しなければなりません。
他の保険に加入すると、保険の管理が煩わしくなるため、注意が必要です。

よって、貯蓄型の学資保険に加入する場合は保障性はないと理解した上で、本当にお金を貯めるための手段であるという認識が必要です。

最低限の保障はついている

しかし、貯蓄型学資保険にも保障が全くないわけではなく、親が万一の場合にも予定通り満期保険金や学資金が受け取れるという保障は付いています。

しかも、親に万一があった後の保険料の支払いは免除される「保険料払込免除」という仕組みがあるため、子供にしっかり教育資金を残してあげることができます。

このため、高い確率で子供の保障を確保できるので、親は安心して教育資金を積み立てて行くことが可能です。

「保障型」の仕組みとメリット・デメリット

保障型の学資保険の仕組み

保障型の学資保険は、子供の教育資金を貯めるだけでなく、子供の保障も同時に確保することを目的とした学資保険。

最大の特徴は、貯蓄型には付いていない医療保障や死亡保障などを付加できる点です。
このため、学資保険に保障もまとめることができ、複数の保険に加入しなくてもよくなります。

もちろん貯蓄型と同じように、親が万一の場合の保険料払込免除特約もあるので安心ですね。

保障型のメリット

保障型は特約を付加して保障を確保していきます。

そして選択できる特約には大きく分けて2つあり、子供の医療保障親(契約者)の死亡保障などがあります。

子供のための医療特約

学資保険で付加できる医療特約は、子供が入院や手術をした場合に給付金を受け取れるようにできるものです。

主な保障内容は以下の通りです。

  • 入院給付金:入院した日数に応じて支払われる給付金
  • 手術給付金:受けた手術の種類などに応じて支払われる給付金
  • 通院給付金:通院した日数に応じて支払われる給付金

他の医療保険などと比べると、保障内容がシンプルでわかりやすいのが特徴。

特に、こどもはケガをして入院や通院をするケースが多いため、通院給付金が出る特約を付加すると便利ですね。

親の死亡時の保障

学資保険では、親の保障も手厚くできる特約も準備されています。

既に付加されている「保険料免除特約」に加えて、養育年金特約を付加すると、さらに保障を手厚くすることが可能です。

養育年金特約は、親が交通事故や病気などで亡くなった場合や、所定の障害状態になってしまった場合などに、毎年一定額の年金を受け取れる特約。

学資金に加えて、毎年の養育年金を受け取れることで、お子様の教育資金だけでなく、生活費や育てていくのに必要な資金を準備できます。

そのため、さらに安心して教育資金を確保することが可能です。

保障型のデメリット

保障型は、保障も充実してさらに安心できますが、大事な指標である返戻率がかなり低下するので、注意しましょう。

特約の保険料は全て掛け捨てのため、支払いする保険料が増える一方で、受け取れる保険金や学資保険の合計額は変わりません。

そのため特約を付加すると、返戻率が100%を下回ってしまい、元本割れが発生してしまいます。

学資保険は子供の教育費を貯めることが、1番重要な目的ですので、保障を手厚くしすぎて効率よく貯められないと、本末転倒です。

保障内容が被ることも

医療特約などの保障は、他の保険でも用意できるため、保障内容が被っていないかをしっかり確認する必要があります。

保険に加入する際は、必要な保障のみを必要な分だけ加入することが大前提です。
そして保障が被ると、その人にとって過度な保障となってしまい、せっかく支払っている保険料を無駄にしてしまう可能性もあるでしょう。

学資保険に特約を付加すると返戻率が下がるうえに、保険料も無駄にしてしまう可能性があることを知っておくことがとても大事です。

保険屋ノグチのココだけの話

学資保険はあくまでも貯蓄のための保険です。保障を手厚くしすぎると貯蓄の意味がありません。

また、学資保険の保障は満期と同時に保障も終了になります。

その後のことも考えてバランスよく加入することがとても大事です。

「貯蓄型」と「保障型」どちらを選ぶべきか

ここまでの解説の結果、学資保険の「貯蓄型」と「保障型」のどちらがおすすめなのかを解説していきます。

貯蓄をするなら貯蓄型

学資保険は、「貯蓄型」がおすすめです。その理由は学資保険に加入する最大の理由が、お子様の教育資金を準備することだからです。

学資保険は子供のための保険でもあるので、保障と貯蓄が両方できるに越したことはないですよね。

しかし、学資保険の仕組み上、保障と貯蓄を両立するのは難しいです。
また、学資保険は長い年月をかけて積み立てていくものですので、元本割れを起こしてしまうと何のために積み立てていたのか分かりません。

このため、学資保険は本来の目的である「貯蓄」の方を重視して加入するのが正解といえるでしょう。

もちろん保障型にも良さがあり、全くおすすめできないわけではないのですが、学資保険で特約を付加する以外にも、保障を確保する方法はあるので、検討してみてください。

医療保障を付加する際は公的制度や他の保険も確認する

子供の医療保障を用意する場合は、本当に学資保険で用意する必要があるのかを考えるようにしましょう。

子供の医療費は、義務教育就学前の場合2割の自己負担で済み、お住いの自治体によって、助成金が出ることで医療費の自己負担が無料になるところも存在します。

また、子供の医療保障を、他の医療保険で確保すると、学資保険の特約と同じ保険料で、さらに充実した保障を得られる場合があります。

例えば、通院や先進医療、重度な疾病などの保障ですね。

以上の理由から、他の手段を検討せずに学資保険の医療特約に加入してしまうのはあまりおすすめできません。

養育年金は、親の死亡保障を手厚くする方法もある

養育年金特約などの親の死亡保障も、他の保険で代替できる可能性があります。

例えば、収入保障保険という名前を聞いたことはありますか?

収入保障保険とは、親が亡くなった場合に、残された家族に毎月一定額の保険金を、一定の年数で受け取れる保険です。

このような仕組みのため、養育年金と同じ使い方ができるだけでなく、養育年金よりもしっかりした保障額に設定できます。

そのため、学資保険の特約で親の保障を準備するときも、他の手段がないかしっかりと検討することが必要といえるでしょう。

貯蓄をするならソニー生命の学資保険

様々な種類がある学資保険の中でも特におすすめなのは、ソニー生命の学資保険「スクエア」です。

ソニー生命の学資保険は、学資保険の中でも屈指の返戻率の高さを誇り、様々な家族のライフプランに合わせて、お金を積み立てていけます。

他の学資保険と比べて、特約が付加できず保障が確保できませんが、これまでお伝えした通り、学資保険において、保障性はそこまで重要ではありません。

また、ソニー生命の学資保険は、インターネットからも簡単に試算ができ、気になる点があれば、問い合わせフォームから無料相談を申し込むこともできます。

まとめ

この記事では学資保険の「貯蓄型」「保障型」の違いについて解説していきました。

貯蓄型も保障型もそれぞれの特徴がありますが、自分が学資保険になにを求めているのかをしっかり考えて加入するのが特に重要です。

そして加入前には、検討している学資保険が貯蓄型なのか保障型なのかをしっかり確認しておくことも大事です。

確認する方法は、例えば以下の方法が挙げられます。

  • ホームページでの情報収集や保険料の試算
  • パンフレットなどの閲覧
  • 営業職員の説明を受ける

例えば、学資保険のホームページで返戻率の高さをアピールしていたら、「貯蓄型」。

逆に、付加できる特約の種類や内容をアピールしていたらその学資保険は「保障型」です。

どちらを重視するかは、今後の家族のライフプランにもよるので、学資保険に加入する目的と検討している学資保険の種類の2つを確認することはとても大事であると言えます。


<PR>

関連する人気の記事