1. ホーム
  2. 学資保険の記事一覧
  3. 学資保険
  4. 学資保険の基本とメリット・デメリット

学資保険の基本とメリット・デメリット

学資保険とは

学資保険は、毎月決まった保険料を支払い、所定のタイミングで保険金やお祝い金を受け取ることにより、子供の教育資金を準備できる貯蓄性の保険です。

そして学資保険には、以下の特徴があります。

  1. 受け取れる保険金やお祝い金は支払った保険料よりも多く受け取れる
  2. 契約者である親が死亡や重い障害になると保険料の払い込みが免除される

特に(2)は学資保険に加入する最大の目的と言えます。

なぜなら契約者である親に万一のことがあっても、保険金やお祝い金は支払われるため、子供の教育資金をしっかり確保することができるからです。

学資保険の仕組みと特徴

学資保険は、毎月保険料を支払って、お子様が高校や大学などの入学を迎える年齢に達すると入学お祝い金や満期保険金を受け取る仕組みです。

お祝い金や保険金の受け取り方は、満期時に一括で受け取る方法と、所定のタイミングでの分割受取の2種類の方法があります。

そしてお祝い金や満期保険金は、契約者である親が亡くなった場合も受け取ることができ、保険料も支払う必要はありません。

また、学資保険には、下記のような特約も付加できるので、様々な保障を得ることができます。

  • 医療特約:子供が入院や手術を受けた場合の保障
  • 育英年金:親に万一のことがあった場合に毎月受けとれる子供の養育費

このため、お子様やご家族のさまざまなケースに備えて、お金を準備することができます。

保険屋ノグチのココだけの話

保険は、単体で複数加入するよりも、似た保障の特約をつけるほうがオトクになりやすいです。

ただし、特約のつけすぎにはくれぐれも注意すること。

特約をつければつけるほど手厚い保障を受けることができるようになりますが、保険料もそのぶん上がってしまうので、優先順位が低いものは勇気を持って省くというのがポイントです。

学資保険のメリット・デメリット

学資保険には以下の表のようなメリットデメリットがあります。加入するときはこのメリットとデメリットをしっかり理解して加入するようにしましょう。

学資保険のメリットとデメリット
メリット  学資金を計画的に準備できる
 貯蓄性が高い
 契約者がいなくなった場合の保障がある
 生命保険料控除で税金が減らせる
 子供の医療保険も加入できる
デメリット 保険料がかかる
換金性が低い
インフレに弱い
途中解約すると元本割れの可能性がある

それぞれについて解説していきますね。

学資保険のメリット

学資保険には以下の5つのメリットがあります。

学資を計画的・半強制的に準備できる

学資保険の保険料は毎月一定額が口座から引き落とされるので半強制的にお金を積み立てることができます。

また加入するときに、 保険金やお祝い金の受取額も設定するため、計画的にお金を貯められます。

貯蓄性が高い

学資保険は、受取率(保険金やお祝い金の合計額を支払った保険料の総額で割ったもの)が100%を超えるものが多いため、貯蓄性が優れているといえます。

現在はマイナス金利の影響で、銀行の預金で積立をしてもお金はあまり増えません。

しかし学資保険であれば、銀行の普通預金や定期保険よりも高い利率でお金を積み立てることができます。

契約者が亡くなった場合の保障がある

契約者である親が亡くなった場合は、以後の保険料の払い込む必要がなくなり、お祝い金や保険金は予定通り受け取ることができます。

このため、親に万一のことがあっても子供の教育資金を確保することが可能です。

生命保険料控除で税金を減らせる

学資保険は生命保険料控除の対象のため、支払った保険料の額に応じて税金の額が減ります。

そのため、さらに手元に残るお金を増やすことが可能です。

ただし、すでに他の保険会社で死亡保険などに加入している場合は、節税効果を十分に受けられない可能性があるので注意しましょう。

子供の医療保険も加入できる

特約で医療保障を準備できるため、子供の入院や手術にも備えることができます。

このため医療保険に別で加入しなくても、学資保険一つに保障をまとめることが可能です。

保険屋ノグチのココだけの話

三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の大手銀行の定期預金(1年もの)では金利が0.01%ほどになります。
将来的に必要になるお金を確実に貯める方法としては学資保険が最強です!

さらに学資保険の場合、控除という恩恵を受けることができるので、生涯ではもっと大きくオトクになるんです!

学資保険のデメリット

学資保険のデメリットは以下の4つです。

保険料がかかる

学資保険の保険料は、最低でも1万円以上と高額になる場合が多く注意が必要です。

保険料は、家計を圧迫しない程度の額にしていない程度の額に留めましょう。

保険料はかかりますが、子供の将来のために教育資金が確実に準備ができるようになっています。

保険屋ノグチのココだけの話

毎年2月・6月・10月に支給される「児童手当」を学資保険の保険料に充てることで、毎月の保険料の負担を軽減することができます!

 

・児童手当のもらえる金額

年齢区分 所得制限未満の方 所得制限以上の方
3歳未満 月額15,000円 月額5,000円
3歳〜小学生 第1・2子 月額10,000円
第3子以降 月額15,000円
中学生 月額10,000円

(注意)所得制限以上の方は、人数・年齢区分にかかわらず児童1人あたり月額5,000円が支給されます。

換金性が低い

学資保険で貯めたお金を引き出すには、解約をしなければいけません。解約の手続き後から自分の口座に着金するまでには数営業日が必要です。

お金が必要なタイミングですぐにお金を引き出せないため注意しましょう。

インフレに弱い

インフレが進行し、将来の物価が学資保険の保険金より価値が高いと、保険金の価値が目減りしてしまいます。

例えば、契約から18年後に保険金を受け取れ、返戻率が109%となる学資保険で考えてみましょう。18年後の物価が、現在の109%を超えているとせっかく増やした意味がなくなってしまいます。

今のお金の価値と将来のお金の価値が同じでないことに気をつけましょう。

途中解約すると元本割れの可能性がある

学資保険の保険料を支払っている途中で解約すると、解約して戻ってきたお金よりも支払った保険料の方が多くなってしまう、元本割れが発生します。

元本割れが起こる理由は、これまで支払った保険料が全て積み立てられていたわけではなく、いくらかは保険会社の手数料として差し引かれていたことによるものです。

学資保険の基本とメリット・デメリット

加入できる年齢とタイミング

学資保険は、商品の種類によって加入できる年齢が異なりますが、できるだけ子供が若いうちに加入すると良いでしょう。

なぜなら学資保険の性質上、子供の年齢が若いうちに加入すると受取率が高くなるからです。

例えば、明治安田生命の学資保険「つみたて学資」で試算をしてみると、子供が0歳で加入した場合と、6歳で加入した場合では、受取率は以下のように変化しました。

  • 0歳で加入:受取率104.4%
  • 6歳で加入:受取率102.6%

※満期保険金額:300万円、契約者年齢:30歳、保険料払込期間:15歳で試算

このように、受取率に1.8%もの差が出ました。

さらに受取率を上げるには、以下のような方法があります。

  • 保険料の払込期間が短い:(例)15年払込よりも10年払込の方が受取率が高い
  • 保険料の払込回数が少ない:(例)毎月払いよりも年払いの方が受取率が高い
  • 契約者(親)の年齢が若い:(例)年齢が40歳よりも30歳の方が受取率が高い

ただし、払込期間を短くすると毎月支払う保険料が上がってしまうので、注意しましょう。

ちなみに、子供の年齢は0歳から加入でき、出生前からの加入もできるので、学資保険は妊娠が発覚したタイミングから検討し始めると良いです。

保険屋ノグチのココだけの話

公立高校3年間での学習塾にかかる費用は平均して320,770円程度と言われているので、10年や15年で毎月の保険料の払込が終わり負担が軽くなるのは実に大きい!
出典:文部科学省「平成28年度子どもの学習費調査結果」より

他にも習い事や子どもが増えるたびに負担は倍増していくので将来的なライフプランを夫婦で考えることや専門家であるライフプランナーに相談することは家計をコントロールする上で必須です!

場当たりは絶対ダメ!!

学資保険の加入と受け取りタイミングを現役FPが解説

学費に掛かる費用の目安

学資保険に加入する方の多くは、大学への進学費用を確保する目的で加入されます。

そこで大学進学に必要な費用を、確認していきましょう。

国立大学 私立文系大学 私立理系大学
1.入学費用 692,000円 929,000円 870,000円
2.在学費用(1年間) 1,085,000円 1,613,000円 1,802,000円
3.在学費用(4年間) 4,340,000円 6,452,000円 7,208,000円
4.合計(1+3) 5,032,000円 7,381,000円 8,078,000円

出典:日本政策金融公庫「平成29年度教育費負担の実態調査結果」より

上記の表の入学費用とは、受験費用・学校への納付金(入学金、寄付金など)・入学しなかった学校への納付金です。

国立大学の入学金が282,000円であることを考えると、実際は私立大学などを併願し、納付金を複数の学校に支払っている世帯も多いようです。

また在学中費用は、授業料や通学費、教科書代や学校用品の購入費などで、年間で国立でも100万円以上、私立でも150万円かかります。

4年間の合計では、国立で500万円私立で730万円〜810万円の額がかかっているので想像以上に高額だと感じた方も多いのではないでしょうか。

ちなみに上記金額には、下宿をした場合の家賃や仕送り費用が含まれていないので、遠方の学校に通った場合は、さらに出費が増えます。

保険屋ノグチのココだけの話

実は2015年末、文部科学省が2031年度に国立大学の授業料を年93万円程にすると話題に!

ちなみに現在は54万円程で、40年程前は3.6万円だった時も!

物価の変動ももちろん影響していますが準備するお金はギリギリではなくある程度余裕を持たせておくことも大事です!備えあれば憂いなし!

◎教育費についての詳しい記事

子供の教育費の相場と、学資保険を検討すべき理由

学資保険の保険料の平均相場

ここで学資保険の保険料がどのような相場なのかを確認してみましょう。

ソニー生命の学資保険を使って、以下の条件で試算をしてみます。

基本学資金総額 40万円 保険期間 22歳未満 契約者 30歳/男性 被保険者 0歳 

試算結果を以下の表にまとめてみました。

受取学資金総額 200万円
保険料払込期間 10年 20年
保険料払方 月払い 年払い 月払い 年払い
保険料 月払保険料
15,540円
年払保険料
185,080円
月払保険料
8,916円
年払保険料
8,916円
払込保険料総額 1,864,800円 1,850,800円 1,925,856円 1,911,384円
返戻率 107.2% 108.0% 103.8% 104.6%

※返戻率は、受取学資金総額÷払込保険料総額×100(小数点第2位以下切り捨て)で計算

保険料払込期間ごとの保険料の総額や、返戻率に注目して確認してみてください。

このように保険料の払込期間が短くすると、受取率が上昇する反面、毎月や毎年の支払額は上昇します。
逆に払込期間を長くすると、毎月の支払いを抑えられる一方で、返戻率は低下します。

いくら返戻率が高いからといって、毎月の支払いが増えてしまうと、解約するリスクも増えるため注意しましょう。

学資保険以外の選択肢

教育費を準備する方法は、学資保険以外にも以下の5つの手段があります。

金融機関の預貯金

銀行の預貯金を使って貯めていく方法で、毎月一定額を定期預金へ積み立てるプランも存在します。

学資保険と比べると、利率がかなり低いですが、貯めたお金は簡単に引き出せて、教育費以外にも使える点で便利です。

低解約返戻金型終身保険

終身保険の中でも、保険料払込期間中の解約時の返戻金を少なくして、毎月の保険料が割安に設定されている死亡保険です。

通常の終身保険と比較しても、高い返戻率を誇り、学資保険よりも高額な保障を準備できる可能性があります。

しかし、途中で解約すると大きく元本割れする可能性があるので注意しましょう。

ジュニアNISAで金融商品を運用

未成年の子供のための少額投資非課税制度のことで、ジュニアNISA口座で投資すると、そこで得た利益や配当金、分配金などにかかる税金が非課税になります。

投資できる金額は年間80万円までで、投資期間は5年間です。

投資先によっては、学資保険以上のリターンを期待できますが、親が亡くなっても教育資金が確保されず、場合によっては損失が発生する点に注意しましょう。

教育一般貸付(国の教育ローン)または民間の教育ローン

教育ローンには、日本政策金融公庫が行う「国の教育ローン」と銀行などの金融機関が取り扱う「民間の教育ローン」の2種類があります。

ローンなので、借りたお金は利息を上乗せして返済する必要。利息の額は、国の教育ローンがもっとも低く、信販系が扱うローンがもっとも高い傾向にあります。

大学の入学時に必要なまとまった資金を準備するために利用する方が多いですが、奨学金と比較すると利息額が大きくなりやすいので、借りる場合は最小限にしましょう。

奨学金

こちらも教育資金を借りる制度ですが、保護者(親)が借りる教育ローンとは異なり、学生本人が借りる点で異なります。

また、利息の額は教育ローンよりも低い場合が多く、成績が優秀であれば無利子で借りることが可能です。

ただし借りたお金は、毎月指定の口座に分割で振り込まれるため、まとまった資金を準備することはできません。

保険屋ノグチのココだけの話

保険会社の中にはそもそも学資保険を販売していない会社も多数あります。

今お付き合いをされている保険屋さんに相談したら学資保険じゃなくて終身保険をすすめられた!というのはよくあることです!

それぞれの特徴をしっかり確認して自分たち家族には何がピッタリなのか考え、言われるがままは避けてくださいね。

学資保険が選ばれる理由とは

学資保険は、貯蓄と保障がセットになっている点がとても評価されています。

具体的には、以下の点です。

  • 資産運用の知識がなくても支払った保険料以上の満期金を受け取れる
  • 保険料払込免除制度(特約)があるため親が万一の場合でも教育費を確保できる
  • 特約を付加すると、様々な保障を確保できる

普通にお金を積み立てるだけであれば、銀行の預金など様々な手段があります。

しかし資産を増やしつつ、親と子供の保障を同時に確保できるため、学資保険は選ばれるのです。

学資保険を選ぶ際のポイント

学資保険を選ぶ際は、単純に返戻率が高いものに加入するのではなく、以下の点に気をつけましょう。

そもそも学資保険が必要か不要か考える

学資保険は、お金が貯まりやすい仕組みを利用して、教育費を貯める貯蓄性の保険です。

そのため、

  • 現在貯蓄が少ない方
  • 貯蓄が苦手で将来の教育資金を貯めていけるかどうか不安

という方が加入すると効果を発揮するでしょう。

一方で、貯蓄がすでに十分ある方や、貯蓄が得意な方にはあまり必要ない保険かもしれません。

また、学資保険には途中解約すると元本割れするリスクがあることや、貯めたお金を簡単に引き出せないことを理解して、加入するようにしましょう。

保険料に対する返戻率

返戻率が高いほど、支払った保険料の総額と比べて保険金やお祝い金の受取額が多くなります。

しかし返戻率の高さは、加入する学資保険や取り扱う保険会社によって全く異なるので注意しましょう。

保険会社名 商品名 返戻率 険タイプ
ソニー生命 学資保険スクエア 108.0% 貯蓄性
明治安田生命 つみたて学資 104.8 貯蓄性
フコク生命 みらいのつばさ 105.5 貯蓄性
住友生命 こどもすくすく保険 101.7 保障性/貯蓄性
第一生命 こども保険 100.8 保障性
かんぽ生命 はじめのかんぽ 97.4% 保障性

貯蓄型か保障型か

学資保険には、以下の2種類があります。

特徴 おすすめできる人
貯蓄性 返戻率が高いほど貯蓄性が優れている 効率よく貯蓄を増やしたい方
保障性 特約の種類が多く保障機能が充実 貯蓄だけではなく、手厚い保障にしたい方

それぞれ以上のような特徴があるため、自分が学資保険に何を求めるかをしっかり考えた上で選ぶと良いでしょう。

払込期間満了の時期

保険料の払込期間は、家庭の状況にもよりますが、出来るだけ短く早めに払い終えるように設定するのがおすすめです。

その理由は、以下の2種類です。

  • 義務教育が終了すると学費の負担が大きくなる
  • 払込期間を短くすると返戻率が上昇する

学費の負担が大きくなると、学資保険を途中で解約するリスクが高くなり、返戻率が下がると、貯蓄の効率性も低下してしまいます。

そのため、できれば高校や大学入学前に払込を満了するのがベストといえるでしょう。

学資保険は一番確実な貯蓄方法(まとめ)

学資保険は、数ある貯蓄方法の中でも、低リスクかつ効率的にお金を貯められるので、とてもおすすめです。

親が万が一の事態を心配することなく、お子様の将来の教育資金を確保できます。

また、親や子供の保障も充実しており、安心できる保険商品と言えるでしょう。

そして、学資保険の仕組みを利用すれば、現在貯蓄があってもなくても、将来的に必要な教育資金を準備できます。

将来のお子様の進学のためにも、現状の生活で負担のない範囲での貯蓄を、学資保険でして行きましょう。

おすすめの学資保険はソニー生命の学資保険「スクエア」

数ある学資保険のなかでも、特におすすめなのがソニー生命の学資保険「スクエア」です。

オススメする理由は、以下の3点です。

インターネットから簡単に試算ができ、無料相談も受け付けている

ソニー生命のスクエアは、インターネットで簡単に試算ができ、そのまま無料相談の申し込みも可能です。

このため、対面で相談するまで試算結果が分からなくて、ストレスを感じることは少ないでしょう。

また、2019年2月現在キャンペーン中で、ネットから無料相談を申し込むと、 豪華なプレゼントが当たる可能性があります。

返戻率は数ある学資保険の中でも非常に高い

ソニー生命の学資保険の受取率は、他の学資保険と比べても最高の水準です。

学資保険の受取率はおおよそ102%〜104%程度で、中には100%を切ってしまうものも存在します。

一方でソニー生命の学資保険の受取率は、払込期間を10年にすると108%以上の受取率にすることも可能なため、とても優秀と言えるでしょう。

ソニー生命はお客様や専門機関からの信頼度も高い

ソニー生命は顧客や専門機関からの評価がとても高い生命保険会社です。

学資保険の契約数は144万件を超えており、2016年度の「マザーズセレクション大賞」に選ばれています。

また、格付機関からも以下のような高評価を得ています。

  • (株)格付投資情報センター:AA (保険金支払能力格付け)
  • S&P グローバルレーティング:A+ (保険財務力格付け)

このように、学資保険だけでなく、ソニー生命という会社自体の評価も高いため、安心して加入できます。

保険屋ノグチのココだけの話

保険には銀行の預金のようなペイオフはないので評価は指標として重要です!

過去に生命保険が破綻した事もあり【生命保険契約者保護機構】という組織も存在しますが、自分が保険料を支払っている保険会社が健全なものか把握しておくのは加入前には大事になります!

認知度と健全性は必ずしもイコールではない!

以上がソニー生命の学資保険をおすすめする理由です。

学資保険は教育費を確保する手段として優れています。そして学資保険の中でも特に優秀なソニー生命の学資保険で、効率的に教育費を貯めていくと良いでしょう。

関連する人気の記事